2012年11月28日

異形の建築家 伊東忠太 アジアを生きる

東京人 12月号
(2012年11月02日発売) の目次


特集
異形の建築家 伊東忠太 アジアを生きる
写真・中川道夫

建築進化論の実験の場(1)
文・本橋仁
築地本願寺/大倉集古館/一橋大学兼松講堂/湯島聖堂

対談 藤森照信×中谷礼仁
日本を軸に、世界地図をひっくり返した

忠太の分身たち
フィールドノート 忠太の思索に触れる玉手箱
文・中谷礼

絵葉書 国内外の情勢、社会、風俗などを風刺
文・山口俊浩

写真 世界旅行での私的な記録
文・戸田昌子

忠太の無二の親友だった、
祖父・山下啓次郎のこと
談・山下洋輔 文・与那原恵
 
忠太の孫、伊東祐満さんに聞く
物見高いところが、似ているかもしれませんね。
文・与那原恵

忠太を支えた人たち

年譜と主な作品

コンドル、辰野金吾、木子清敬、石井敬吉……
忠太をめぐる建築家の系譜
文・鈴木博之

飽くなきアジアへの探究
パトロン大谷光瑞との出会い
文・真名子晃征

建築進化論の屈折を読み解く
明治神宮から始まる
二十世紀の「国民様式」
文・青井哲人

復原された西本願寺
「伝道院」の再発見
文・石田潤一郎

伝道院を完成させた棟梁、
竹中藤右衛門との縁
文・松隈章

八十年の時を超えた技術の競演
築地本願寺修復
文・菅澤茂

建築進化論の実験の場(2)
東京都復興記念館/旧震災記念堂/遊就館/東京大学正門/祇園閣/旧大倉家京都別邸「真葛荘」/平安神宮/可睡斎護国塔/明善寺/西本願寺伝道院/伊東家墓/浅野家墓相輪/鮎川義介墓/靖国神社大灯籠など

四百二十六年の伝統と技を継承する松井建設
信頼と師弟の絆で結ばれた伊東忠太と松井角平


天文散歩みち24 十二月
大つごもり
文・海部宣男 絵・林幸子

東京点画 
都バス〈上26〉点描 文・加藤佳一
江戸の天文学者の横顔 文・嘉数次人
音楽のある展覧会 文・樋口隆一

生まれ変わった、サントリー「伊右衛門」がつなぐ、
お茶を楽しむ時間
早川光×深澤里奈

曇天記(51)
案内図の指。
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽(28)
浅草「並木藪蕎麦」の巻 
男前の蕎麦屋
文・林家正蔵 写真・川上尚見

森鷗外生誕一五〇周年 
文京区立森鷗外記念館オープンに寄せて
医学者、森林太郎の生涯
文・加我君孝

新連載 日本の新体操、世界に挑む
第一回 長すぎた演技 
文・加茂佳子

東京つれづれ日誌(30)
「街ネコ」に会いにいく
文・川本三郎

追悼 丸谷才一
徹底した雅びの人
文・川本三郎

Close Up TOKYO

Interview
玉川大学観光学部開設準備委員会委員長
益田誠也
Books
書評同人 苅部直、平松洋子、山内昌之
今月の東京本
Culture
City
SHOPS & GOODS
バックナンバー
編集後記、次号予告
posted by tokyo-p at 14:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

1972年 ----- 政治の季節から荒井由実へ

東京人 9月号
(2012年08月03日発売) の目次


特集 
1972年
政治の季節から荒井由実へ
 
写真・加藤 孝

露木茂  元フジテレビアナウンサー
事件・テレビ
国民が釘付けになった、
あさま山荘事件の実況中継
文・石村博子

矢内廣 「ぴあ」創刊編集長
雑誌・若者文化
観たい映画は、自分で選べばいいんだ。
文・木部与巴仁

伊佐山ひろ子 女優
日活ロマンポルノ
若者は皆、
スクリーンの中のベベに胸躍らせた。
文・木全公彦

大野真澄 ミュージシャン、元「ガロ」
フォーク・ロック
フォークからロックへ。
音楽シーンは、
うねりの中にあった。
文・与那原恵

山本直樹 漫画家
連合赤軍
マンガ「レッド」は、
失敗と挫折を繰り返す
青春群像劇
文・木全公彦

座談会 御厨貴×泉麻人×鈴木邦男 
さよなら連帯 そして愉しき日常が始まった

1972年 ニュースと流行 

国際政治
リチャード・M・ニクソン
落日のアメリカを背負った策謀政治家。
文・藤原作弥 

写真
写真よさようなら
文・中川道夫 

日中国交正常化
命をかけた哲人外相
談・藤井宏昭 

帰還者
対照的な横井庄一と岡田嘉子
文・与那原恵 

建築
モダニズムの権化への告発
文・松葉一清 

新宿
「ナジャ」オーナーに聞く新宿風景
文・与那原恵 

演劇
暗さと明るさの交錯
文・扇田昭彦 

スポーツ
風前の灯となったアマチュアリズム
文・岡崎満義 

宇宙
人類の宇宙への進出
文・海部宣男

沖縄  
南沙織の衝撃と違和感
文・与那原恵 

映画 
ニューシネマの終焉、懐古調の兆し/実録やくざ映画の台頭と『忍ぶ川』
文・木全公彦 

フォーク
反体制フォークソングの幕引き
文・松葉一清

アイドル
新御三家VS.新三人娘
文・木全公彦 

マンガ
少女マンガの革新がはじまった
文・夏目房之介 

高島平団地  
21世紀のサスティナブルコミュニティをめざして、
再生プロジェクトを始動!

40歳
今や、ロングセラー/ファーストフード時代の到来/コマーシャルは世相を映す
文・金丸裕子 





天文散歩みち (21)九月 
アジアの星 
文・海部宣男 絵・林幸子 



東京点画

東京で見つけた散歩道 文・外山滋比古
 
「配給券(クーポン)」のウェディング・ドレス 文・君塚直隆 

複製「電子」時代のにおい。 文・竹内幸絵 

絆をつなぐ、キリンラガービール
山田屋 北区王子 

曇天記 (48)

終演の坂道を下りる。
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 (25)
八重洲「ふくべ」の巻

くさやの香りに誘われて
文・林家正蔵  写真・川上尚見


中央線がなかった時代(6)最終回 日野

水の郷日野、都内最長の用水路網を歩く
文・石渡雄士 

日本初の暦をつくった江戸の風雲児
渋川春海の江戸東京
文・山本威一郎  

東京つれづれ日誌 (27)

地方の小さな町に、寄り添う各駅停車
文・川本三郎



Close up TOKYO

interview 
日の丸自動車興業株式会社 代表取締役社長 富田浩安
Books  本 

書評同人
苅部直、平松洋子、山内昌之

今月の東京本 

Culture  映画・美術・舞台・古典芸能 

City  街 

New Open New Sight

東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 
バックナンバー 
編集後記、次号予告 
posted by tokyo-p at 14:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

茶の湯を愛した富豪たち 道楽がつないだ権力の環

東京人
2012年06月02日発売号 の目次


特集 茶の湯を愛した富豪たち 道楽がつないだ権力の環 

実業家にして数寄者たちの横顔 近代茶人たちのネットワーク
益田孝 鈍翁/安田善次郎 松翁/平瀬亀之輔 露香/益田克徳 非黙、
無為庵、英作 紅艶/野崎広太 幻庵/馬越恭平 化生/加藤正義/高
橋義雄 箒庵/朝吹英二 柴庵/原富太郎 三溪/団琢磨 狸山/松永
安左ェ門 耳庵/畠山一清 即翁/岩原謙三 謙庵  
文・小島英記 
 
対談 芳醇な茶文化が花開く
熊倉功夫×根津公一(根津美術館館長) 

その空間に凝縮された美と思想 国宝級の茶室の宇宙

国宝、重要文化財ほか 一度は見てみたい、茶道具の名品たち
文・千葉望 

茶人・小堀遠州をめぐる
将軍家光、側近たちと茶の湯 
文・深谷信子 

失われた文化 茶の政治的意義について 
文・御厨貴、佐藤信 

日本文化のおくゆかしさを世界に伝えたい 
文・近藤誠一 

「愉しみ」に徹した、関西数寄者たちの茶の湯 
藤田美術館 藤田傳三郎/野村美術館 野村得七/逸翁美術館
 小林一三
談・谷晃、文・沢田眉香子 

まだまだあります!関西おすすめ美術館 
香雪美術館 村山龍平/滴翠美術館 山口吉郎兵衛/白鶴美術
館 嘉納治兵衛/泉屋博古館 住友吉左衛門 

企業の「茶道部」拝見
「天空の茶室」で初心に返る パナソニック株式会社エコソリ
ューンションズ社
徳七翁の精神を受け継いで 野村證券株式会社

ただいま、茶道男子急増中/IT化する茶道 
文・五島正風  

明治〜昭和 茶道具の取引事情
談・飯田國宏

私が出会い、影響を受けた数寄茶人たち
川上宗雪 江戸千家十代家元

初心者入門心得貼 お茶のいただき方 
文・金丸裕子、絵・秋野純子 

茶の湯の美に出会う
三溪園 原富太郎/三井記念美術館 三井家、三井高保/静
嘉堂文庫美術館 岩崎彌之助、岩崎小彌太/畠山記念美術館
 畠山一清/永青文庫 細川護立/五島美術館 五島慶太 
/出光美術館 出光佐三 

天文散歩みち(19)
七月 月の山
文・海部宣男 絵・林幸子 

東京点画
都市のノスタルジア 文・小池政行 
内から外から 文・戸矢理衣奈 
財閥の蔵中に眠る茶道具 文・山本兼一 

曇天記(46)
消防士の卵
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽(24)
銀座「三笠会館 ラ・ヴィオラ」の巻 
日本初“唐揚げ”の味に感動!
文・林家正蔵 写真・川上尚見 

沖縄復帰40周年記念「紅型 琉球王朝のいろとかたち展」
開催! 工芸立国 琉球の美と歴史 
文・与那原恵 

本邦初公開!「羽田空港写真展」開催 

中央線がなかった時代(4)
阿佐ヶ谷周辺の地域構造 
文・陣内秀信、柳瀬有志  

歌え!唖蝉坊――デモクラシーの帝都(6)最終回
陸番 薬になる毒 あってこそ演歌
文・松葉一清 

東京つれづれ日誌(25)
三陸鉄道で被災地へ
文・川本三郎 

Close up TOKYO
interview 町田市長 石阪丈一


Books 本 
書評同人
苅部直、鴻巣友季子、三浦展
今月の東京本 
Culture  映画・美術・舞台・古典芸能 
City  街 
New Open New Sight
東京ネットワーク

SHOPS&GOODS /バックナンバー /編集後記、次号予告 
posted by tokyo-p at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。