2012年07月31日

茶の湯を愛した富豪たち 道楽がつないだ権力の環

東京人
2012年06月02日発売号 の目次


特集 茶の湯を愛した富豪たち 道楽がつないだ権力の環 

実業家にして数寄者たちの横顔 近代茶人たちのネットワーク
益田孝 鈍翁/安田善次郎 松翁/平瀬亀之輔 露香/益田克徳 非黙、
無為庵、英作 紅艶/野崎広太 幻庵/馬越恭平 化生/加藤正義/高
橋義雄 箒庵/朝吹英二 柴庵/原富太郎 三溪/団琢磨 狸山/松永
安左ェ門 耳庵/畠山一清 即翁/岩原謙三 謙庵  
文・小島英記 
 
対談 芳醇な茶文化が花開く
熊倉功夫×根津公一(根津美術館館長) 

その空間に凝縮された美と思想 国宝級の茶室の宇宙

国宝、重要文化財ほか 一度は見てみたい、茶道具の名品たち
文・千葉望 

茶人・小堀遠州をめぐる
将軍家光、側近たちと茶の湯 
文・深谷信子 

失われた文化 茶の政治的意義について 
文・御厨貴、佐藤信 

日本文化のおくゆかしさを世界に伝えたい 
文・近藤誠一 

「愉しみ」に徹した、関西数寄者たちの茶の湯 
藤田美術館 藤田傳三郎/野村美術館 野村得七/逸翁美術館
 小林一三
談・谷晃、文・沢田眉香子 

まだまだあります!関西おすすめ美術館 
香雪美術館 村山龍平/滴翠美術館 山口吉郎兵衛/白鶴美術
館 嘉納治兵衛/泉屋博古館 住友吉左衛門 

企業の「茶道部」拝見
「天空の茶室」で初心に返る パナソニック株式会社エコソリ
ューンションズ社
徳七翁の精神を受け継いで 野村證券株式会社

ただいま、茶道男子急増中/IT化する茶道 
文・五島正風  

明治〜昭和 茶道具の取引事情
談・飯田國宏

私が出会い、影響を受けた数寄茶人たち
川上宗雪 江戸千家十代家元

初心者入門心得貼 お茶のいただき方 
文・金丸裕子、絵・秋野純子 

茶の湯の美に出会う
三溪園 原富太郎/三井記念美術館 三井家、三井高保/静
嘉堂文庫美術館 岩崎彌之助、岩崎小彌太/畠山記念美術館
 畠山一清/永青文庫 細川護立/五島美術館 五島慶太 
/出光美術館 出光佐三 

天文散歩みち(19)
七月 月の山
文・海部宣男 絵・林幸子 

東京点画
都市のノスタルジア 文・小池政行 
内から外から 文・戸矢理衣奈 
財閥の蔵中に眠る茶道具 文・山本兼一 

曇天記(46)
消防士の卵
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽(24)
銀座「三笠会館 ラ・ヴィオラ」の巻 
日本初“唐揚げ”の味に感動!
文・林家正蔵 写真・川上尚見 

沖縄復帰40周年記念「紅型 琉球王朝のいろとかたち展」
開催! 工芸立国 琉球の美と歴史 
文・与那原恵 

本邦初公開!「羽田空港写真展」開催 

中央線がなかった時代(4)
阿佐ヶ谷周辺の地域構造 
文・陣内秀信、柳瀬有志  

歌え!唖蝉坊――デモクラシーの帝都(6)最終回
陸番 薬になる毒 あってこそ演歌
文・松葉一清 

東京つれづれ日誌(25)
三陸鉄道で被災地へ
文・川本三郎 

Close up TOKYO
interview 町田市長 石阪丈一


Books 本 
書評同人
苅部直、鴻巣友季子、三浦展
今月の東京本 
Culture  映画・美術・舞台・古典芸能 
City  街 
New Open New Sight
東京ネットワーク

SHOPS&GOODS /バックナンバー /編集後記、次号予告 
posted by tokyo-p at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする